顔汗は普段の食事で改善できる!?

顔汗,食事

顔汗がダラダラと流れ出ていると、そのストレスからさらに汗が噴出してしまいそうですよね。
「顔汗で人の目線が気になる!」
「顔汗が少しでも少なくなって欲しい(泣)」
もし顔汗を少しでもなんとかしたい!と切に願うなら、食生活で体質改善をしていってはどうでしょうか?
食事は体に負担をかけずに、自然に体質改善していける最も健康的な方法ですよ。

 

大豆製品は自律神経を整えてくれる

顔汗,食事

顔汗の原因は、自律神経のうち交感神経が活発に活動しているからです。
自律神経は呼吸や食べ物の消化など体のあらゆる機能を調節していて、汗をかくのも自律神経の働きです。
そして、交感神経は昼間などの活動している時間に活発になり、体を興奮させたり目覚めさせたりします。
自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っていて、副交感神経はリラックスや睡眠などを導入する働きをしています。

 

大豆製品はイソフラボンが含まれていて、副交感神経の伝達に必要なGABAの働きをサポートしています。
自律神経の乱れを正す働きも大豆製品にはあるため、顔汗対策として取り入れたい食べ物です。

 

大豆製品には、豆腐や豆乳、納豆があります。 豆腐入り味噌汁やバナナ豆乳スムージーなどを朝飲めば、通勤時の顔汗ダラダラを減らせるかもしれません。

 

発酵食品は腸の働きと副交感神経に影響を与えてくれる

顔汗,食事

納豆、味噌、ヨーグルト、チーズ、キムチなどの発酵食品は、腸の働きを活発化します。
リラックス効果がある副交感神経は、腸の働きが活発になると働きやすくなるため、腸の働きをスムーズにする食品を食べるのも顔汗対策になります。
発酵食品には酵素が含まれているため、それが腸を刺激して便通を良くすると顔汗も引きやすくなると一石二鳥なのです。

 

納豆やチーズ、ヨーグルト、キムチは調理する事なく、そのまま食べれるため、普段は料理しない人でも食事に取り入れやすいでしょう。
味噌はお湯で溶かして味噌汁にする、きゅうりにつけて食べるなどの方法が簡単に食べれます。

 

発酵食品が苦手ならば、酵素ドリンクや酵素サプリなどで摂取していっても良いですよ。

 

 

食物繊維も腸を刺激してくれる

顔汗,食事

腸の働きを助けると言えば、食物繊維を連想する人も多いのではないでしょうか。
食物繊維が多く含まれる大根などの野菜類、キノコ類、海藻は腸の働きを活発化して副交感神経の働きを高めてくれます。 

 

野菜や海藻は苦手だったり、なかなか食事に十分に取り入る事が難しかったりしますが、できる限り多く食べれると良いですよね。

 

大根とワカメは豆腐と共に味噌汁に入れれば、副交感神経の働きを高める食事になります。
キノコ類は炒めてチーズをかけホイル焼きにしたりなどすると、簡単で食べやすいでしょう。

 

食物繊維を含む食事がなかなかできないとなったら、青汁を飲むなど健康食品を取り入れていくと良しです。
青汁は、はちみつ青汁やフルーツ青汁、バナナ青汁など飲みやすい商品も多いため、チャレンジしていくと良しです。
大豆製品、発酵食品、食物繊維を含む食品は、顔汗を抑えるために副交感神経に働きかけてくれます。
逆に、交感神経を活発化させてしまうのはカフェイン入りのコーヒーや紅茶、辛い物、糖分を多く含むお菓子などです。
交感神経が活発化すると興奮や緊張の原因となり、顔汗が増えてしまいます。
これらをなるべく避けながら、副交感神経を活発化させる食事を作っていくと体質改善しやすくなります。
交感神経を抑えて、副交感神経が優位になる食事をしたらすぐに体質改善できるとは言えませんが、少しずつ汗にアプローチしていけますし、ストレス緩和などで健康的にもなります。

 

>>今すぐ顔汗を抑えたい方はこちら<<